×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

再生不良性貧血とは

貧血対策

再生不良性貧血とは?
再生不良性貧血は、骨髄の
働きが衰えて起こる貧血です。
http://hinketu.taisaku.client.jp/saisei/
HOME
再生不良性貧血とは?
再生不良性貧血は、骨髄の働きが
衰えて起こる貧血です。
再生不良性貧血とは

再生不良性貧血とは

再生不良性貧血とは、骨髄のはたらきが衰えて起こる貧血です。
血液の血球成分は、骨髄でつくられますが、その骨髄の働きが
衰え、赤血球が充分につくられなくなるために引き起こされます。
再生不良性貧血になると、白血球や血小板も不足してきます。
     白血球         赤血球
白血球 赤血球
では、再生不良性貧血になるとどのような症状が現われるでしょうか。
◇ 症状
 貧血の一般症状のほかに、白血球の減少によって抵抗力が
 なくなり、  発熱やのどの痛みなどの症状を ともないます。
 また、 血小板も減ってしまうため 血液が かたまりにくくなり、
 出血がなかなか止まらなかったり、何かにちょっとぶつかった
 だけでも内出血によるアザが できやすくなったりします。
* 再生不良性貧血は、厚生省の難病指定を受けています。
MENU

HOME
貧血とは
鉄欠乏性貧血
再生不良性貧血
巨赤芽球性貧血
溶血性貧血
貧血の症状
脳貧血とは
低血圧とは
冷え性と貧血の深い関係
鉄分の摂取基準
貧血を食事で改善

☆。。。。。 ☆ 。。。。。☆ 
毛穴引き締め対策
活性酸素対策
冷え対策
copyright 2007-2011 (C) 貧血対策 All Rights Reserved